オンラインストレージの導入目的とは

オンラインストレージの導入目的とは オンラインストレージを導入して一番よく使う機能は「ファイル共有」です。
別の拠点や部署などとの大人数のやり取りも一元化できる
ファイル送受信の手間や時間が簡略化できる
サーバーの物理的な数を減らすことにもつながる
インターネット環境さえあればどこからでもPC以外のデバイスからでも接続できる
などといった点が主なオンラインストレージの強みです。
ファイル共有なら「メール添付」などのように別の方法もありますが、オンラインストレージの共有スピードの速さと範囲の広さといった点では圧倒的に劣ります。
会社の外からでも、インターネットを通じてシームレスな情報のやり取りを行うことができるため、外出先での急に必要になった作業にも対応できます。
複数の人間で同時に作業を進行させても、最新版のファイルをアップロードするだけで全員が共有が共有できるため、作業の手間とズレが発生するリスクの低減に大きく役立ちます。
こういった使いやすさの点を目的にオンラインストレージを導入することが多いです。

オンラインストレージを導入してコストを削減する

オンラインストレージを導入してコストを削減する オンラインストレージとはファイルやデータを企業内に保存または置いておくのではなく、インターネット上に置いておくことです。
クラウドストレージと呼ぶこともありますが、重要なことはどこからでもアクセスできることです。
個人の場合ですと、写真などをほかの人に見せたり渡したりするのに使いますが、企業の場合はビジネスに生かすことで大きなコストダウンをすることができます。
具体的に説明しますと、もし企業が独自でサーバーを持ち管理するとなりますと運用に必要な費用も含めて最低でも数百万円の費用がかかります。
しかし、オンラインストレージを導入しますと、わずか数千円でそれが可能です。
もちろんサービス内容によりそれ以上かかることもありますが、数百万円もかかることはありません。
先ほど「運用に必要な費用も含めて」と書きましたが、自分の会社でサーバーを管理しますとセキュリティなどでかなりの金額を要します。
オンラインストレージですと、セキュリティもサービスに入っていますので安心です。
しかも企業が独自でセキュリティ対策をするよりも安全です。
このようにトータルで考えてもオンラインストレージのほうがメリットが大きいのは間違いのないところです。